スオスダイ

こんにちは!9期のりなです!大好きなフレバンでたくさんお世話になったなおさんから回って来ました☺️
なおさんが書いてくださった通り旅行が大好きです!!つい先日カンボジアから帰ってきてこのブログを書いてます。タイトルの「スオスダイ」はカンボジア語で「こんにちは」です🇰🇭

せっかく帰りたてほやほやなので今回のカンボジア旅行について書いていきたいと思います。
カンボジア旅行と書きましたが、カンボジア語科2年生のショートビジットとしてカンボジアに行ってきました✈
このショートビジットは王立プノンペン大学という日本の東大のような大学に放り込まれ、現地の学生と一緒に勉強するという過酷なプログラムです。
もちろん授業は全てカンボジア語です。
先生の言っていることはびっくりするくらいわかりません。
みんなが笑っていても何に対して笑っているのかわかりません。
まさかのカンボジア語でサンスクリット語を学ぶという謎の時間もありました。
ひたすら感情を無にして授業を受けていました。

そんな私たちでしたが、カンボジア人は本当にみんな優しい人たちでした💕
先生の言ったカンボジア語を簡単なカンボジア語に訳してくれたり、ノートを見せてくれたり、おやつを分けてくれたり…
最後にはたった2週間前に出会ったばかりなのに特に仲良くしてくれた3人がサプライズで空港までお見送りに来てくれました。
本当にみんなあったかい心の持ち主です🙏

海外では日本のように時間通りに動けないとよく言います。
こんな優しい人たちばかりならみんな時間を守ってくれるだろう!と思うとそうはいきません。
朝学校が始まるのは7時。道が混んでいて少し遅れて到着し、教室まで向かうと…あれ?誰もいない…
教室間違えたかな?休講かな?
とか思っているとようやく数人が到着。
授業開始20分後くらいになってようやくクラスの半分くらいが到着。
先生は30分以上遅れて到着。
何事もなかったかのように授業開始。
こんなことが日常茶飯事でした。

1番びっくりしたのは私たちが登校する最終日。
学校に向かうとシャッターが閉まってる…
先生に連れられ裏階段から登っていくと教室にいたのは2人。
結局その日学校に来たカンボジア人学生は60人中5人でした。
そんなルーズな面もカンボジアならではです😂

カンボジアというと発展途上国や地雷などという言葉が浮かぶと思いますが、首都であるプノンペンはびっくりするくらい発展しています。
アンコールワットなどの遺跡を見に行くのもよし!カンボジア人のあったかさに触れるのもよし!
ぜひ皆さんカンボジアに行ってみてください🇰🇭
そして「スオスダイ」とはなしかけてみてください😊

次はショートカットがよく似合うかわいいあの子です😙
お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA