LINES冬ライブ『歌語』

2019年2月7日㈭、三鷹市公会堂光のホールにて、我々LINESの冬ライブが行われました!
今回の会場は、LINESのサークルライブ史上最大の規模であり、たいへん多くのお客様にご来場いただきました。誠にありがとうございました!そのライブについて、渉外担当 10期池田が記事を書かせていただきます🙌

さて、今回のライブのテーマは『歌語』。歌によって人生の転機を迎えることとなった2人の人物にスポットライトをあて、ストーリー仕立てでライブが進められました。

昨年末にオーディションで選ばれた12バンドが出演し、さらに3曲の全体曲を披露しました!舞台班を中心に、ライブ本番にむけ練習の日々。インフルエンザも猛威をふるっておりましたが、なんとか本番を無事に迎えることができました!よかった!!
以下、ライブの様子です↓

今回のライブを行うにあたって、練習はもちろんのこと、サークル員一人ひとりが様々な面で準備を進めてくれました。
このライブの運営全般を担ってくれていたプロチーム。
全体曲の演出や指導にあたってくれていた舞台班。
フライヤー、チケット、パンフレット、Tシャツ、そして会場装飾を担当してくれたデザイン班。
受付やチケット、会場全般を把握し動いてくれた会計班。
SEなど音響関係を打ち合わせし、管理してくれていた音響班。
照明に関する打ち合わせを重ねに重ね、動いてくれた照明班。
ライブに用いる映像を作成、編集してくれていた映像班。
他大学に出向き、宣伝活動を重ねてくれた渉外班。

もちろん仕事は上記に留まりませんが、サークル員みんなでライブのために動いてきました。無事ライブを終えることができた今、筆者の私は、見に来てくださった方々、LINESを応援してくださっている皆様、そしてLINES民への感謝の気持ちが止まりません。
本当にありがとうございました!!

今後も皆様のお陰でますますパワーアップし、進化を遂げていくLINESに是非ご期待ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA