LINES夏ライブ2019「令和」大レポート〜前編〜

みなさんこんにちは!
今回の担当は自他共に認めるLINES大好き人間、前副代表で前プロデューサーの10期あつしです!

さて、今回の記事では先月7月26日(金)に行われました「LINES夏ライブ2019『令和』」について、プロデューサーを務めさせていただきました僕からレポートさせていただきます!

今回のライブのテーマは「令和」!実はこれは新元号発表前に決定したものでした。LINESはプロデューサー立候補者が企画書を提出してプレゼン、全体の投票(候補者一人の場合は信任投票)という流れでプロデューサーが決まるのですが、今回の企画書がこれでした。


テーマ「(新元号)(政府が決定します)」
と、プロチーム側の我々もテーマの文言を知らないという状態で走り出した今回のライブです。笑
そして新元号発表と同じ4/1の夜にテーマ発表動画を流させていただきました!
https://twitter.com/lines_cl/status/1112701427460104192?s=21
LINES映像班のゴールデン○ンバー並みの仕事の早さに驚いた方も少なくはないのではないでしょうか。

5月、6月では二度に渡るオーディションが行われ、夏ライブ出演の全12バンドが確定しました!
二次の実地審査では、各バンドの思いのこもったステージに何度も胸を打たれました。
そして出演バンド決定。少なくともプロデューサーの僕にとっては、今のLINESを表現するのに申し分のない12バンドが揃いました。審査員の皆様本当にありがとうございました!!

出演バンドが決まってからライブは本格的に動き出します。バンド発表動画では平成を代表するゲーム「スマブラ」のパロディを作りました!
https://twitter.com/lines_cl/status/1144229397479583745?s=21
撮影編集からロゴの作成まで全て一からLINES民だけで作った動画です。これは毎回思うんですけどたぶんもうLINESはアカペラサークルじゃなくて”総合エンターテイメントサークル”です。笑

そしてバンド写真撮影もこだわりポイントの一つです。デザイン班主導で各バンドごとにイメージに合った場所で撮ったのですが、今回の個人的な推しはボクシングジムにアポを取ってサンドバッグの前で写真を撮ったクラッシュギャルズでした!笑(パンフレットを持ってる人は改めて見てみてね)

パンフレットは「アルバム」をイメージしてデザイン班が作成しました。


バンドページは各バンドのイメージに合わせたモチーフを詰め込んだデザインです!かわいい!(これはプチ情報なのですが、各バンドページには一つずつアルファベットが隠れていて、何かの順番で並んでいるとか?)
そして今年初の試みとして、バンド名簿、班名簿など名前を書く場面で直筆の文字をスキャンして使用しました!


やはり人の書く字は温かみが違う!すごくこだわりと味のあるパンフレットになっております!!

映像班も最初のテーマ発表動画、オーデ後のバンド発表動画以外も絶えず活動しています。2週に一度のツイッター動画や本編動画の撮影編集、また舞台演技の録音編集も映像班にお願いしました。


今回のライブを作るにあたって、やはり映像に頼ってしまう部分は多く、その点で映像班はすごく大きな役割を担っていました。こちらとしては、映像における無理難題を押し付けてしまったりギリギリのギリギリまで編集調整をお願いしてしまうなどプロデューサー頭上がらない班シリーズのひとつです。

夏休みに入ると本格的に夏ライ練習が始まります。個々のバンド練習と並行して週に3回ほどの全体曲練習が入ります。全体曲の歌、演出の練習はもちろんですが、その裏で舞台演技に使用する音源の録音や演技練習も行います。だんだんとライブの形が出来上がっていくのが見えると気合が入ります。


シュ、シュール。笑

全体曲練習の裏では大道具や小道具の作成も行われます。LINESはいつも談話室という部屋を使っているのですが、ここが段ボールやら出来かけの大道具やらでごった返してくるとああ、サークルライブが来るんだなと思えます。完全に風物詩ですね。笑

そんなこんなでサークルライブ前日になりました。前日は丸一日当日と同じ会場でのホール練になります。照明班主導の照明確認や音響さんとのマイクリハーサルなど一日中フルで動きます。一通りの確認を終えた後、テクリハに入ります。テクリハで本番の流れを確認してその日は終わりになります。僕、個人的に前日練ってめっちゃ好きなんです。疲れるけど。いよいよ明日っていう緊張感とライブの完成形が見えてくることへのワクワクが入り混じっててなんかイイですよね〜。疲れるけど。笑

とここまで長々と書いてきましたが、まだライブ始まってませんね。笑
ということで後編の「本番編」に続きます。各バンドや全体曲、動画や細かい演出についても書いていきたいと思うので、よかったら読んでね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA