LINES夏ライブ2019「令和」大レポート〜後編〜

みなさんこんにちは!今回は前回に引き続き私10期あつしが、7/26に行われました「LINES夏ライブ2019『令和』」をレポートいたします!

今回は後編!ライブ本番の様子や各バンド、全体曲などについても話していきたいと思います!
※めちゃくちゃ長いです

直前リハーサルが終わり、軽く挨拶を済ませた後、ライブの成功を願って全員で円陣を組みました!(僕は目立ちたがり屋なので百数十人の円陣の真ん中にいるのはシンプルに気分が良かったです。)

開場までは各々が準備をする時間です。バンドでの確認をしたり、衣装に着替えたり。この時間で各楽屋では先輩が後輩の髪を整えてあげたり、(女子は)メイクをしてあげたりするんですが、なんか先輩後輩感あってめっちゃいいですよね。サークルライブグッとくる瞬間ランキングの上位候補です。

そして開場。ここでは「会場班」が活躍します。整列をしたり受付をしたり席までの誘導をしたり。

前回のサークルライブでの反省を活かしてスムーズに対応してくれました!やっぱりこう考えてみるとサークルライブって”全員で”作るものって感じがしますよね。みんなに何かしら「出番」や「仕事」が用意されている。勝手にアツくなってきました。笑

開演5分前にはLINESサークルライブ恒例の「多言語アナウンス」があります。我々が通う東京外国語大学では専攻できる言語が27個あるんですが、今回の多言語アナウンスではそのうち26言語の専攻生徒が各々の専攻言語を使ってアナウンスをしています。

注目はタイ語でのアナウンスを担当した10期タナッチ。とても流暢なアナウンスなのですが、それもそのはず彼はタイからの留学生。完全にチートです。

そしてついに開演!
ライブの始まりはオープニング全体曲「令和」。真っ暗闇のホールに10期そういちろうによる赤ちゃんの泣き真似が響き渡ります。

最初からアクセル全開です。このようにOP全体曲では演出担当を中心にカオスな感じに仕上げてもらいました。笑
衣装に関しても、全員が統一された服を着るのではなく、一人一人に役が与えられ、その役の格好になっています。天女、バンドマン、文豪、犬、壺…などなど笑
壺の役になった人もまさか大学に入ってアカペラを始めて壺の役を演じながら歌うことになるとは思わなかったでしょう。
端的に言って最高の全体曲でした!

そしてお待ちかね、バンド演奏が始まっていきます!
1バンド目、「原宿セバスチャン」!!


1曲目は、名付けて「ぱみゅぱみゅコレクション」
きゃりーぱみゅぱみゅさんの名曲がギュギュッと詰まったマッシュアップメドレーです。途中からはなんとバックダンサーも登場。みんなで会場を盛り上げます!

2曲目「きみのみかた」
きゃりーぱみゅぱみゅの隠れた名曲です。僕はバンドメンバーとして演奏させていただいた側なのですが、中毒性のあるメロディに完全にハマって1日この曲しか聞かない期間が何日かあった程でした。笑
6人で、いやダンサーも含めて14人で会場を沸かせたこれ以上ないトップバッターだったと思います!!

2バンド目は「れもんそうた」!!
どこか甘酸っぱい青春を感じさせてくれる2年目同期の6人ギャルバンです。


1曲目「愛唄」
誰もが知るGreeeeNさんの名曲です。僕なんかが言うのも大変おこがましいのですが、このバンドは二次オーディションからの成長が物凄かったです。練習してるところを見るたびに第三者の僕でも上手くなっているのがわかるほどでした。


彼女たち6人の想いが伝わるような素敵な演奏でした!

3バンド目は「夢見鳥」!!
2〜4年目混合のバラードバンドです。



1曲目「蝶々結び」
ちょうど丸1年前に活動開始した彼らが1番最初から歌っていた曲です。


うめえ。もう安定のクオリティ。笑
2曲目「月のしずく」
このバンドはバラードバンドでありながら音圧と迫力が凄まじい。


リードの11期こうきはまだ2年目です。このバンドでの経験を活かしてこれからのLINESを引っ張っていって欲しいです!!

4バンド目、一部のトリは「髙橋メーデル」!!
サークルライブに出るのはこれが3度目。3年目ですが、LINESではもうベテランに入ります。笑
1曲目「きらきら武士」
僕たちの代名詞のような曲です。歌う側も一番安心して歌える。笑



2曲目「ミス・パラレルワールド」
中毒性のあるナンバーです。ステージングも頑張りました!!



3曲目「キラーボール」
ゲスの極み乙女。さんのカバーです。後半には僕たちの演奏曲の「crying march」もマッシュアップしてあるのですが、このバンドの3曲目はもう体力勝負です。笑


と、メンバー目線で語ってきたのですが、メーデルは「お客さんにどう魅せたいか」を研究してきました。一部のトリとして(個人的には)いいものが作れたんじゃないかなあと思います!

そして一部では「ヒーローショー」をテーマにした寸劇、また映像をバンド間に挟ませてもらいました!



事前に撮った録音と舞台上での演技を合わせるのは大変でしたが、練習の甲斐もあり、本番ではいい意味で最高にバカっぽいものに仕上がったんじゃないかなと思います!


ここからは余談なのですが、髙橋メーデルのリード10期ぽんちはメーデルのステージ中、気持ちが高ぶって涙を流していました。それにもかかわらず、メーデルの演奏後すぐに舞台演技の出番があったのですが、その場面がこちら。


彼の役者魂を強く感じたシーンでした。笑

そんなこんなで一部終了!休憩を挟んで勢いそのままに二部に進んでいきます!

第二部は10期けん演じる平成のトップスター「ヒラナリ」が令和の世界にタイムスリップしてしまう、といったストーリーで進めていきました。
最初のシーンでは、入ったばかり1年目の12期が大勢頑張ってくれました!



こちらも練習通り、完璧でした!!練習では12期たちが楽しそうにしてくれている様子を見て「ああプロやってよかったなあ」なんて

バンド演奏、二部の最初は「クラッシュギャルズ 」!!
アカスピ二次にも出場したLINESの未来を担うバンドの一つです!



1曲目「泡沫サタデーナイト」
ダンスが完璧に揃っている、そして病みつきになるメロディ!


2曲目「バラライカ」
僕は次のバンドの待機で舞台袖にいたのですが、リハ本番とずっと見ながら一緒に踊っていたので、だいたい踊れるようになりました笑
3曲目「ダンス・ファウンダー」
イントロの印象的なメロディと完璧に揃ったダンスがめちゃくちゃかっこいい!!!


このバンドは楽しそうなだけじゃなく、全員が本当に真面目で一生懸命です。朝早くから集まって練習したりとか、頑張ってるのを見てきた者としてはこみ上げるものがありました!
最高のステージでした!(ただのファン)

6バンド目は、「hybrid」!!
このライブで唯一のヤロバンです!みんなの知ってる歌、ありがちなステージングで、わかりやすいエンターテインメントを提供しています!笑



1曲目「Oh, pretty woman」
曲中にリード10期けんとがお客さんにバラを渡しに行くステージングをさせていただきました!
2曲目「Wake me up before you go-go」
メンバー目線でのコメントになってしまうのですが、ラスサビに入るところのユニゾンがめーっちゃ気持ちいいです。笑
3曲目「it happens」
2番サビであざとくかわいい動きをしました!もてはやされるの最高!


余談ですが、1曲目でお客さんに渡したバラ、リハーサルの空き時間でメンバーの10期たいちが買ってきてくれたのですが、お花屋さんで「赤いバラを一輪下さい(キメ顔)」と言ったらしいです!笑

7バンド目「Kanary」!!



LINESの夏ライブでは毎回1バンド「フレッシュバンド枠」というのが用意されていて、その年のフレッシュバンドのうち投票で選ばれた1バンドが出場できるのですが、今年はKanaryになりました!!


1曲目「手をたたけ」
フレッシュバンドということでコーラスに2人とベースが1年目の12期に当たるのですが、めっちゃくちゃうまい。笑
コーラスなんであんな明るくハモれるんだ。教えてほしい。笑

8バンド目「スペアナとチョコミント」!!
言わずと知れた3年目同期実力派バラードバンドです。4人で追求してきたハーモニーが最高です。



1曲目「夜空ノムコウ」
何度聞いても最高。アレンジ、ハーモニー、音圧、リズム、どれを取っても今のLINESではトップクラスです。


2曲目「足音〜Be Strong〜」
個人的に原曲が大好きなので、スペチョコがカバーすると聞いた時は本当に嬉しかったです。リードでもある10期つじむのアレンジは秀逸です。スペチョコの大きな武器の一つです。


個人的に関わりの深いメンバーの多いバンドなのもあって込み上げるものがありました。演奏もこれまでのスペチョコの集大成と言えるものだったのではないでしょうか!最高の二部トリでした!!

二部は中間全体曲「平成メドレー」で終わりを迎えます!
こちらの全体曲は平成にヒットした曲のメドレーとなっております!観客のみなさんの「懐かしい〜!」をもらいに行きました!笑
曲はサークル員から募集した候補を基に決めさせていただきました!それでは長いので短めに行きます!笑
①「Hot Limit」
はい懐かしい!間違いない名曲!最高に盛り上がりました!アロハシャツにサングラスをした通称「パリピ隊」の演出も素晴らしかったです!笑


②「渚にまつわるエトセトラ」
懐かしい!!振り付けが可愛い!外から見ていても手が動いてしまうのではないでしょうか!


③「LOVEマシーン」
懐かしい!!!平成のメガヒット曲のうちの一つです!これも振り付けが可愛いですね!


④「手紙〜拝啓十五の君へ〜」
懐かしい!!!!これはコーラスマイク+リードマイクの構成です。あー中学生の頃に合唱で歌ったなあ。って思った人も多いのでは!そしてこの曲の裏ではみんなバタバタと次の衣装に着替えています笑 また、この曲終わりでコーラスマイクも交代します!


⑤「羞恥心」
懐かしい!!!!!ヘキサゴン!!!この曲は男子全体曲ということで、LINESでは数少ない男たちで熱く歌い上げさせていただきました!笑


⑥「Gee」
懐かしい!!!!!!男子全体曲があれば女子全体曲もあります!がっつり踊りました!ダンス練習めっちゃ頑張ってくれました!最高でした!


⑦「USA」
懐かしくはない!笑 最後はみんなでカモンベイベーです!迫力満点!


…といった感じでした!笑 怒涛の平成メドレーですね笑 そして本当にすごいのがこの平成メドレー1年目の12期がほとんどの演出を担当しています!入ったばっかでの大仕事、最高でした!

そしてLINES夏ライブは三部に続いていきます!なっげえなこの文章!

第三部は最近のヒット「タピオカ」をテーマにした映像ストーリー仕立てです!
心を動かすような演奏こバンドが多いのと対照的にこれまたいい意味でバカっぽいストーリーになっております!笑

9バンド目は、「宵空に散る」!!
3年目同期バラードバンド!4声とは思えないような迫力の演奏で魅せてくれました!
1曲目「プラネタリウム」
情景が浮かぶような演奏。リードの10期みなみの歌唱力。圧巻。



2曲目「桜流し」
4人でこの音圧…すげえ…
照明も相まってバンドの世界観が強く伝わります。


部の始めにこういったタイプのバンドを持ってくるのはかなり挑戦的だったとは思うのですが、そんな心配をかき消すような素晴らしいステージでした!個人的には10期はじめのベースが気持ちいい!好き!笑

10バンド目、「100万マルク」!!


もう写真を見てわかるかっこいい系のバンドですよね!やりたいーこういうバンドー!


1曲目「Egoistic」
初めて聞いたときは普通に洋楽だと思ってカッコいいなあと聞き流していたんですが、よくよく聞いたら韓国語なんですね!これ!わからなかった人はもう一回聞いてみてね。てか何語でもカッコいいもんはカッコいいんだなあ。(小並感)

11バンド目、「みなみなみ」!!
残すところは2バンド!こちらも3年目同期バンドのみなみなみです!


1曲目「Kitchen」
耳に残るー!めっちゃ口ずさんじゃうー!トップコーラスの10期なみの上ハモが気持ちいいー!


2曲目「幸福論」
このバンドは1年目の秋に当時幹部代の先輩たちに「新人バンド」としてランダムに組んでもらったバンドなのですが、ここまで続けてサークルライブのステージまで辿り着きました。それを思うと同期としてはグッと来ちゃいますよねー。


本人たちが一番グッと来てた…

12バンド目、大トリです!「海海月」!!
こちらも3年目同期バンド!何人のLINES民が彼らの演奏で涙してきたのでしょう!
1曲目「少年であれ」
次が全体曲なのでほとんど全LINES民が舞台袖に待機していたのですが、涙をこらえるのに必死だった人も多かったと思います。


そして10期けんとによる問題のMC。笑 あえて触れないので気になった人はyoutubeで中継の動画を見てみてください。おれはけんとらしくて好きだよ!!!


2曲目「愛の詩」
壮大で感動的でライブの終わりにふさわしいこの曲ですが、実はリハーサルではリードの10期けんとが泣いてしまってちゃんと歌えませんでした。笑 本番は最後まで聞けてよかった!笑 最高の大トリでした!!

ライブの最後を締めくくるのはエンディング全体曲「ALWAYS」です!!


今回はこういうザ・青春みたいなので終わらせたかったんですよねー!
選曲は完全に僕の好みです!笑 中高時代に大好きだった曲を選びました!笑
実はこのライブを機に留学などでサークルを離れる人が多く(僕もその1人なのですが)、このタイミングでLINES民に向けたメッセージでもあったり。歌詞調べてみてね笑


この全体曲でみんなが着ているTシャツはデザイン班によるデザインです!色もあんまり今までにない組み合わせで可愛いですよね!


間奏でプロデューサー挨拶させていただいたんですが、そこまで緊張してあんまりはっちゃけられなかったのでプロデューサー挨拶はあんまりオススメできません笑


最高のラストだったと思います!これにて夏ライブ「令和」終演!!

終演後にはお見送りを行いました!終わった後の達成感が溢れるこの時間もプレシャスですよねー!!


サークル員やお客さんの笑顔が弾けてて、改めてプロやってよかったなあと思いました!

以上!!!!!めちゃめちゃ長かったけどサークルライブレポートでございました!
前にも書きましたが一人一人に出番や仕事があって、みんなで作り上げるサークルライブって最高にアツいですよね!
完成したライブはもちろんですが、作っていく過程にも良さや魅力が詰まっているなと思います。
LINESはこれからも僕たちのエンターテイメントを作っていきます!次回の冬ライブはどんなものになるのかお楽しみに!
それでは、留学行ってきまーす!🇻🇳

写真 | Toshi Photography (Email : toshi.photography.2019@gmail.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA