ささけんによる作曲講座

みなさん、こんにちは。
6期のささけんこと佐々木健太郎です。
2年生ではありますが、今年から入部しました。よろしくお願いします!
夏休みも中盤に差し掛かりましたね。年々暑くなっているように感じるのは気のせいでしょうか?
ところで、私はLINESで歌っている以外に個人的に作曲活動をしています。これまでに「作曲ってどうやるの?」といった質問を少なからず受けたので、どうやって作曲を始めればよいのか、あるいは私が作曲する際のちょっとした心得について書いていきます。LINESでの音楽活動やこれから作曲を始める人、もしくはすでに作曲しているよ、という方の参考になれば幸いです。
みなさんは作曲するとしたら、どんな曲を作りたいですか?ミスチルみたいなJ-POP?Maroon 5あるいはTaylor Swiftのような洋楽?クラシックみたいなオーケストラの曲?激しめのロック?Perfumeのようなテクノっぽい曲?
いずれにしても、上で挙げたような曲が最初からパッとできるわけではないことを知っておきましょう。少しずつできることが積み重なっていってやっとみなさんの作りたいと思う曲が作れるようになるのです。
まず、作曲するには和音(コード)の出せる楽器(ピアノのような鍵盤楽器、キーボードやギター)が手元にあった方がいいです。なくても大丈夫ですが、あった方がベターです。
「ピアノなら習っていたし少しくらい弾けるよ」「ギターは軽音でやっていたからできる!」という方はすでに半分作曲できているようなものです。もちろん楽器を弾いていた経験がない方でもできます。私もかつてはそうでしたから。ピアノなんて習ったことないですし。
実際に作曲するときの細かいメソッドなどについては、丸投げにはなってしまいますが、ここではとても書ききれないので、いくつかサイトを紹介しておきます。もし私に何か聞きたいことがあれば、なんでも気軽にどうぞ^^
・簡単作曲講座- GENの作曲ステーション
http://gen.musical.to/session/index.htm 
・How to make music
http://www.geocities.jp/m_funky9th/music/index.htm 
作曲する際に一番大切だと私が思っているのは「真似」です。他の人と似たような曲になってしまっては個性が出ないかもしれない?安心してください。真似していく過程でオリジナリティは出てくるものです。
目指している曲と自分の作っているものの間には、どんな違いがあるのか、つまり「違いを作る違い」を見つける力が必要になってきます。これは何も作曲に限った話ではありません。歌だってそうです。上手い人と自分の歌い方や発声、表現にはどんな違いがあるのか、一度じっくり考えてみましょう。
ここまでいろいろと偉そうに書いてきましたが、私もまだまだ発展途上です。一人の意見として軽く読んでもらえるとよいです。
宣伝にはなってしまいますが、私の曲はここで聴くことができるのでよかったらどうぞ!
https://soundcloud.com/kens3 
トレイラーミュージック(映画予告編の音楽)・映画音楽みたいな曲とか、ダンスミュージック(EDM)を主に作っています。
https://soundcloud.com/kens3/angels-and-demons 
https://soundcloud.com/kens3/project-26-demo-version 
https://soundcloud.com/kens3/the-rising-of-heroes 
みなさん、LINESでオリジナルの曲に挑戦してみてはいかがでしょうか?
では、よい夏を。。。
----------------------------------------------------------------------------------------------------—-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA