「愛してる」はギリシャ語では「さがぽー」

愛。

どこで誰が創造したもんなんでしょうか。

難解なんだね。

 

どうも、6期なおです。

女装野郎みたいな扱いされてましたが好きになる対象は女性です。

ちなみにタイ語専攻です。選んだ理由は文字が可愛いからです。本当です。

 

愛。

冒頭の文章は「藍」(スキマスイッチ)から引用させていただきましたが、

最近これが本当に悩みの種です。どうしたらよいものか。

――語劇での告白シーンで愛が伝わらない――

僕は直向きにヒロインに恋する好青年役(あくまでも役)で、

劇中に道のど真ん中で、しかも大声で愛を叫ぶシーンがあるのですが、

どうもいまいちで。先生に「叫んでるだけじゃ伝わらないよ笑」と指導を受ける日々です。

 

ここで学外の方向けにちょっと説明を。

「語劇」というのは、来る11/2011/24の間、外語祭で行われるメインイベントの一つで、

2年生が今までに学習してきた専攻語を使って、劇を行うというものです。

いやでもタイ語なんてコップンカーしかわかんないし…という方もご安心を。

しっかりステージの横に、こちらも学生で用意した字幕をつけております。

 

僕はこのサークルに所属する一方、外語祭実行委員会にも所属しておりますゆえ、

外語祭への思い入れは人一倍だと自負しています。

だからぜひ学外の方にもいらしてほしい! 

この学園祭を知らないなんてもったいない! 僕も客として来たいくらいです笑

メインイベント、というか企画の一つに料理店があるのですが、

そこでは各専攻語及び専攻地域の料理が食べられます。これがもう味の宝石箱。

ちなみに去年のタイ語科はマッサマンカレーを作りました。

世界でいちばん美味しいと謳われあのカレー…今年もあったらぜひご賞味を。

 

さてさて外語祭においてもう一つ宣伝させていただきたいことが。

それは野外ステージです。外語祭のためだけに作られる、特設ステージ。

そこではもちろんLINESも発表の機会があります!

オーディションで選び抜かれたバンドが奏でるハーモニー。

近々オーディションがあるので、その話はまたあとの担当者に回すとして、

きっと海外のアカペラグループの曲からアニソンまで、

いろんなジャンルの曲が聴けると思いますので、乞うご期待。

 

長々と綴ってきた外語祭への愛ですが、どうでしょう伝わったでしょうか…?

それとも愛の言葉はもっとシンプルにすべきか。やっぱり難解です。

僕からは以上です。続いてはあの可憐なバスケットプレーヤー! よろしくね。

 

ちなみに最後に一つだけ。前回僕が作詞作曲をしているという紹介がありましたが、

あれは本当です。もしお時間ありましたら、youtubeかニコ動で、「いちる」で検索を。

ではでは失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA