卒業ライブを終えて。

皆さんこんにちは。
4期の「もんた」こと、鈴木知行です。
受験生の皆さんは来週が天王山ですね。
最後まで気合いで乗り切ってください。まじで応援しています。最後は気合い入れたもん勝ちですよ。まじで。
外大生の皆さんは、試験にレポートに、お疲れさまです。
あともうひと踏ん張りといったところでしょうか。最後まで頑張ってください。
読んで下さっている皆さんを楽しませつつ、また皆さんのモチベーションを少しでも上げるためにも、
何かこう真面目すぎず、ふざけすぎず、栄養バランスに優れた、カロリーメイトのような記事を
書きたいと思います(適当)。
さてさて、そもそも今回4期のわたくしもんたに何故ブログが回ってきたかというと、わたくしが先日行われた「卒業ライブ」の代表だったからですね。
というわけで、先日の卒業ライブのことを中心に書きたいと思います。
LINESでは先日2/14(土)、一年間を活動を締めくくる、「卒業ライブ」が行われました。
その名の通り、LINESを卒業する4年生たちによって形作られるライブであり、
毎年2月中旬に行われているものです。
今年も私をはじめとする11名の卒業生と、留学等の関係で卒業が遅れる他の9名の同期、そしてお手伝いをしてくれた2名の後輩の、総勢22名で作り上げました。
今年の卒業ライブのコンセプトは「2.4時間テレビ」。
そしてその中でも”つなぐ”というテーマで、初代LINESから未来のLINESへ、
素敵な伝統、素敵な曲目、素敵な雰囲気をつないでいく、ということを意識してライブを作りました。
会場は外大生お馴染みの大集会室(食堂付近にある施設)でしたが、
今年はライブのコンセプトがあの人気番組「2.4時間テレビ」ということもあってお客さんが殺到、
大集会室の定員100名を大きく上回る3万人の観衆が押し寄せ、大学最寄りの多磨駅で入場規制がかかる始末。
まともに試験を実施できない教授の皆さんや外大隣の警察大学校にいる筋骨隆々とした兄貴たち、近隣に住んでいる住民の皆様方には多大なご迷惑をおかけしました。
そんなこんなで急遽パブリックビューイングまで設営されて何とか始まった「2.4時間テレビ」ですが、
お陰さまで、最初から最後まで、大盛り上りを見せました。
また今年の2.4時間テレビの「チャリティマラソンランナー」を引き受けてくれたのは、
外大生はお馴染みの、「会長」こと萩原和宏。
※萩原和宏を知らない皆様へ※
萩原和宏とは、LINES史上最も歌が上手で、かつ整った顔立ち、高身長で八頭身という最高のルックスを持つ、
そうですね、例えるなら…現在ドラマ「ウロボロス」に出演している俳優・小栗旬に音楽の才能を付与した感じの男ですかね(これはマジ)。
心優しく、外大のみんなから「会長」という愛称で呼ばれています。
来年度もLINESに在籍しているので、みなさん是非ジロジロ見てあげてください。
そんな今回のランナーの萩原和宏でしたが、
見事に2.4時間(約2時間24分)で100キロを走りきりました。
(※参考:100キロの世界記録=6時間13分)
本当に、すごいですね。
そのほか沢山の企画があって、どれも本当に面白かったのですが、
話すと4月くらいになってしまいそうなので割愛します(適当)。
ウソ八百を書きまくろうと思ったのですが、面倒なので中途半端なところでやめます(tired)。
こうして無事3万人の観衆を沸騰させて大成功に終わった卒業ライブ「2.4時間テレビ」でしたが、
最後に素敵なサプライズが卒業生たちを待ち受けていました。
まずは、ライブの最後に出演者全員で歌った全体曲「遠く遠く」の途中で、
出演者の中でも卒業しない組から、卒業する組への色紙のプレゼント。
私をはじめとする卒業生11名は何が起きたか分からず、頭が真っ白になりました。
また全体曲が終わり、ライブも完全に終わったかと思いきや、
今度は後輩たちから卒業生に贈る歌「バンザイ」。
素敵な歌とその歌詞に感動。
また卒業生に見つからないよう、後輩みんなでこっそり練習していてくれたことを想像して、
それに感動。
またその後吉祥寺のお店に場所を移して実施した追いコンでも、
卒業生へ再びまさかのサプライズプレゼント。
卒ライ出演者の顔写真が印刷されたマグカップと、卒業生一人一人には
後輩みんなからのメッセージが詰まったアルバム。
そしてそれとは別に、みんなのメッセージを撮影したDVD。
もはやどれから喜んで良いか分からないくらい凄かった。
みんな、本当に、ありがとう。
少々内輪ネタにも踏み込んでしまいましたが、
卒業ライブは「2.4時間テレビ」という大きなコンセプトのもと完遂され(3万人の観衆云々以外の部分は全部事実です。笑)、
最後の後輩からの素敵なサプライズも合わさって、大成功のもとに終わりました。
この卒業ライブの話を通じて、
ブログを読んでいる皆さんに伝えたいのは、
LINESは本当に、心暖かいサークルだということです。
LINESは、今では120人以上の部員を持つとても大きなサークルなだけに、
中には本当に色々な人がいます。
皆さんが想像している以上に、色んな人がいます。笑
歌が上手い人。音楽能力すごい人。どんどん自己主張していく人。
仕事がめちゃめちゃできる人。全然仕事できない人(私)。
音楽サークル入ってるのに楽譜全然読めない人(私)。
歌が上手くない人(私)。ただ単に、歌やカラオケが好きなんだよねー程度の人(私)などなど…。
だから、これからLINESに入部してくるだろう皆さん、
本当にどんな人でも大歓迎です。
歌うのは好きだけど、あまり自分の歌声に自信を持てない人。
歌は人一倍好きだけど、いわゆる”コミュ力”に自信がない人。
実は自分は外大生で、途中から入部したいけど、中々その勇気が出せない人。
音楽経験が皆無の人。
本当にどんな人でも、LINESは大歓迎です。
上でも少し触れたように、私は楽譜もほとんど読めなければ、歌も大して上手くありません。笑
それでも四年間、”歌が好き”という気持ちだけで、本当に本当に、本当に楽しい毎日を過ごすことが出来ました。
それほどまでにLINESはどんな人でも受け入れてくれるサークルだし、
だからといって中で派閥が分裂しているわけでもありません。笑
何故か、不思議と、これだけ人数がいても先輩後輩の壁をこえてみんなが仲の良い、素敵なサークルなのです。
受験生の皆さん。
もし外大に入って、サークルや部活選びに迷ったら、ぜひ一度で良いので、LINESに顔を出してみてください。
きっと心優しいたくさんの先輩方が、皆さんを導いてくれると思います。
そしてこの記事を読んでいるLINESの皆さん。
今まで本当に素敵な時間をありがとうございました。
こんなに楽しいLINES生活、いや大学生活が送れたのは、LINESの皆さんのお陰です。
心から、感謝しています。
話が行ったり来たりしましたが笑、
そんなところで卒業生代表・もんたの話は終わりにしようと思います。
次の人にバトンタッチしましょうか。
もんたの次という超責任重大な役目を果たしてくれるのは、
次期もんたの座を受け継いだ7期の期待の星☆木口君です!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA