部屋とエアコンと私

2つの下の阿部から回ってきたので、4年ぶりにLINESブログといふものを我もしてみむとするなり。生きててすいません、4期のべんがるです。昨日夢でオーランド・ブルームに似てると言われました。

こんだけ大所帯のサークルになってしまうと知らない人もいるかと思うので軽く自己紹介をば。よく勘違いされますが、ドイツ語科です。去年ドイツにいたので5年目。
趣味は読書とフットサル。アカペラサークルっぽいことを書いておくと、パートはベースとボイパで、今はROUGH-LIFEなる異色のバンドを率いております。

夏ライの総括はべリアがしてしまったし、自由に書いていいよと言われたので、僕の専門とする生成統語論の派生的アプローチが、ドイツ語の代用不定詞を含む文末動詞群の有標語順をいかに説明しうるかについて書こうと思ったのですが、いよいよ読者が回り右してしまいそうなのでやめました。

うーんブログってムズカシイな、Twitterなら得意なんだけどな。

せっかくなのでLINESでの生き残り方について書こうかしら。
僕と組んだことある人はわかると思いますが、音取るのも遅いですし、音感もないし、ピッチも悪いです。それでもここまで5年間やってこれたのは、やりたい音楽があったからかなーって思ってます。アニソン・ボカロ・V系・ロックとおよそアカペラとあわなそうなものばかりやってきたんですが、変にうまいアカペラだけを追求するよりは、そっちの方が面白いかなと。どんなにやったってうまさではプロには勝てないので、自分のやりたいアカペラを楽しんでほしいです。うまさを捨てていいって意味じゃなくてね。アマチュアだからこそ出来ることを最大に表現する方向で進んでいくと面白いアカペラが出来るんじゃないかね。ま、こんな僕のスタンスに付き合ってくれるLINESのみんながいてこそなんですけどね。譜面作ってくれたり、練習進めてくれたり。いつも感謝しています。

あ、そうそう。
最近やたらとお悩み相談みたいなのを受けているので、迷える子羊たちはぜひ気軽にLINEでもどうぞ笑

お次は、僕のクライアントの1人かつフレッシュバンドを組ませていただいた後輩。見事某6期の心を射止めた今をときめくロシアンガールの登場です。乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA