洋楽とは?邦楽とは?

どうも!!セクシーレディな6期こみくさんからバトンを渡されました8期のおじさん担当たつきです!!本日はよろしくお願いします!!

さて、こみくさんから面白い記事を書け、みたいに半ば脅されているので(前回の記事参照http://acappelines.sakura.ne.jp/archives/403、露骨なステマ)いろいろ内容を考えてみました

実はこの前来年の夏ライブのプロデューサーに立候補させていただいて他の立候補者の方々とおよそ一時間半に及ぶ激アツなプレゼンバトルをしたんですね、はい。

結果は落選だったんですが、終わったあともうれしいコメントをたくさん頂き、プレゼン後の質問タイムでもたくさんの鋭い質問や具体的な意見も頂けて
8期目という若めなサークルですが、全体から漂う上を目指す意識の高さをしっかりと感じました。

僕は高校時代札幌でバンド活動をわりと真剣にしていて(the Strypesと対バンしたり、CD出したり、TVやラジオ出演したり)正直LINESに入部するまではサークル活動は遊び半分の音楽活動だろうと思っていました

というか、そう思ってる人が多いんじゃないかなと思います。芸術活動なんてお金にならなかったら基本的には自己満足の世界みたいなもんですからね

でも、いざなんとなく入部してみると全然違って本気で全員、いいものを作りたいっていう遺志の強さが毎イベントごとにビリビリと伝わってくるんですよね笑

そんなわけで最近音楽熱がすごいんですよ、というわけで前振りがとても長くなりました今日は洋楽と邦楽の大まかな違いについて語りたいと思います。
・・・

・・・

・・・
え??いきなり話変わりすぎだろって??
字数てきにはもういつものブログクラスじゃんって??
いい話で終わりそうだったんだからとどめとけよって??
いくらなんでも話の持ってきかた強引すぎるだろって??

・・・

・・・

・・・

まぁ、実際僕もそう思います笑

といっても途中退出は自由なんで普段のLINESのブログを閲覧しに来た方には途中退出を推奨します!!笑

次回予告一応先にしときます!!次は将来LINESのパーカションを引っ張って行ってくれるであろう

とても、ユニークで努力家なナイスガイながブログを更新してくれます!!ぜひ来週もお楽しみに☆

ただ、どの分野にも言えることだと思うんですけど仕組みとかが分かるとその分野って骨の髄まで楽しめるようになると思うんすよ!

なんで、洋楽が好きな方とかに読んでいただけたらとってもハッピーです!!

つっても軽くしか書かないんでふーん、そんなのあるんだぁ、ぐらいで読めるかなぁと思いま
じゃあとりかかりますかね🎶

相違点その1【使ってる音階が違う!?!?】

まず、前提として今日の比較対象は洋楽と邦楽の中でもUS-POPとJ-POPがメインです。

さてさてさて、どのように音階が違うかと言うとですね、厳密に言えば常に違うわけではありません!!

日本には独自の47抜き音階というものが存在します。この音階で作られたメロディは日本人の耳に残りやすいらしいんですよね

詳しくはこのリンクで!!http://matome.naver.jp/odai/2138188605177385601

ちなみに沖縄民謡は似たようなもので26抜き音階が使われておりますが、普通の日本人が沖縄民謡を聞いた際に感じる珍しさを外人はJ-POPに感じるそうです。

びっくりですよね!!笑

相違点その2 【What`S Wabi Sabi??】

洋楽と邦楽の非常にわかりやすく一番の大きな違いは楽曲構成だと思います。

J-POPを聞きなれた人にならわかると思うんですが主な楽曲構成が

Aメロ→Bメロ→サビ→間奏→Aメロ→Bメロ→サビ→長めの間奏及びギターソロ→大サビ

だったりすることがほとんどだと思います。やっぱり一番楽曲を聞くときはサビに着目する方が多いんじゃないですかね

ところが洋楽にはこういった決まりが実はないんです!!

だから、曲を通して盛り上がりがほぼ皆無な曲があったりとかBメロが存在しないとかいう楽曲も当たり前のように存在します

洋楽になじめない人が少なくないのはこの部分が大きかったりするんじゃないかなと思います。

そもそもサビという言葉自体「わびさび」という言葉か「わさび」からきているんじゃないかとする説が有力らしく

きっとサビという概念自体日本人独自のものなんでしょうね笑(すっげー外大生っぽいこと言ってる気がする笑)

相違点その3 【ミキシングが違う?!?!】

CDを作る際の工程の話になってしまうんですが、ミキシングという作業がCD製作の際には必ずあります。

簡単にざっくり言ってしまえば、声や楽器のバランスをそろえる作業って感じですかね

特定の音が明らかに極端に大きくなったり、小さくならないようにする、さしずめ楽曲の整地作業って言った感じですかね(うまいこと言えた気がする)

邦楽はこのマスタリングの際にヴォーカルが聞こえやすく調整する傾向がありますが、洋楽はヴォーカル楽器もそこまで大きな差をつけないらしいです

アーティストでいうとMONKEY MAJIKは洋楽らしさを出すために洋楽よりのマスタリングをしたりするらしいですね

相違点その4 【子音】

音楽的な違いというより音声学の分野に近い気がするんですが、英語の方が日本語よりも子音が基本的には強調されることが多いらしいです。

音声学をしっかりと学んだことがあるわけではないので明確には説明できないんですが(-_-;)

アーティストでいうとGalileo Galileiは日本語詞でも洋楽らしさを出すためにコンプレッサーを強めにかけて子音を強調する工夫をしたりしているそうです。

・・・

・・・

・・・

とまぁ長々と説明してきました笑

いやぁ、なんでこんなことしたかっていうと

音楽に対して意識たけぇんだぞうちは!!っていうアピールしたかったんすよね笑

まぁ、時々はこんな回があってもいいんじゃないっすかね!(勝手な解釈、自己満足)

とりあえず、来週はさっきも話した通り8期のユニークなパーカショニストが書いてくれます!

最後まで読んでくださった液晶の前のあなた!!ありがとうございました!!

来週もよろしくお願いします!!じゃあの!!( ´Д`)ノ~バイバイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA